リサピー

社会

電子契約「導入済」企業は65.6% 昨対比2.3ポイントアップ 〜約7割は「テレワーク対応のため」に導入 ペーパーロジック、2021年度「電子契約」に関する実態調査実施〜

 ペーパーロジック株式会社(本社: 東京都品川区、代表取締役:横山 公一)は、コロナ禍で電子契約が標準化されつつあり、現状の課題も変化していると考え、東京都内の企業に勤め、且つ法務・財務・経理・人事部門に所属している人109名を対象に、「電子契約」に関する実態調査を実施しましたので、発表いたします
 尚、本調査は2020年に発表した同内容の調査の定点観測調査です。

本調査のサマリー

調査概要

調査概要:「電子契約」導入実態に関するアンケート調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年9月13日〜同年9月15日
有効回答:東京都内の企業に勤め、且つ法務・財務・経理・人事部門に所属している人109名

*参考|2020年12月18日発表「電子契約」に関するアンケート調査
https://paperlogic.co.jp/news_20201218/

88.1%が、「電子契約」について「知っている」と回答

 「Q1.あなたは電子契約をご存知ですか。」(n=109)と質問したところ、「はい」が88.1%、「いいえ」が11.9%という回答となりました。

・はい:88.1%
・いいえ:11.9%

「電子契約」を導入済みの会社は65.6%

 「Q2.Q1で「はい」と回答した方にお聞きします。あなたの会社では、「電子契約」を導入していますか。」(n=96)と質問したところ、「導入済み」が65.6%、「導入していない」が32.3%という回答となりました。

・導入済み:65.6%
・導入していない:32.3%
・把握していない:2.1%

「電子契約」導入済み企業の87.3%は、「全社」に導入している

 「Q3.Q2で「導入済み」と回答した方にお聞きします。導入は全社ですか、それとも事業部・部署単位ですか。」(n=63)と質問したところ、「全社」が87.3%、「事業・部署単位」が9.5%という回答となりました。

・全社:87.3%
・事業・部署単位:9.5%
・その他:3.2%

約7割が「テレワーク対応のため」に導入

 「Q4.Q2で「導入済み」と回答した方にお聞きします。導入された背景を教えてください。(複数回答)」(n=63)と質問したところ、「テレワーク対応のため」が69.8%、「業務効率化・生産性を高めるため」が50.8%、「印紙税の削減のため」が41.3%という回答となりました。

テレワーク対応のため:69.8%
・業務効率化・生産性を高めるため:50.8%
・印紙税の削減のため:41.3%
・文書保管費用の削減のため:28.6%
・保管の容易さ(デジタルで管理):23.8%
・社内からの強い要望のため:20.6%
・その他:3.2%
・分からない/答えられない:3.2%

「電子契約」を導入していない企業の58%は、今後「導入希望」

 「Q5.Q2で「導入していない」と回答した方にお聞きします。今後電子契約を導入したいですか。」(n=31)と質問したところ、「非常に導入したい」が38.6%、「やや導入したい」が19.4%という回答となりました。

・非常に導入したい:38.6%
・やや導入したい:19.4%
・あまり導入したくない:6.5%
・全く導入したくない:3.2%
・わからない:32.3%

■電子契約を導入したい理由、「業務効率化」88.9%、「業務スピードの向上」72.2%

 「Q6.Q5で「非常に導入したい」「やや導入したい」と回答した方にお聞きします。その理由を教えてください。(複数回答)」(n=18)と質問したところ、「業務効率化」が88.9%、「業務スピードの向上」が72.2%、「テレワーク対応」が66.7%という回答となりました。

業務効率化:88.9%
・業務スピードの向上:72.2%
・テレワーク対応:66.7%
・保管の容易さ(デジタルで管理):61.1%
・印紙税の削減:55.6%
・文書保管費用の削減:33.3%
・その他:0.0%

電子契約に対して、「業務効率化がアップすると思う」や「グローバルな契約に有効」など、ポジティブな声多数

 「Q7.電子契約に対する印象や意見を自由に回答ください。(自由回答)」(n=109)と質問したところ、「業務効率化がアップすると思う」や「グローバルな契約に有効」など72の回答が得られました。

<自由回答・一部抜粋>
・50歳:業務効率化がアップすると思う。
・55歳:グローバルな契約に、有効です。
・51歳:印紙税節約と合理化で便利だと。
・57歳:よりスムーズに進む印象があります。
・48歳:保管もデジタル化出来、締結も押印がなくスムーズである。
・56歳:これからは普通になっていくと思う。
・72歳:簡単・便利 利用価値は大きい。

まとめ

 今回の調査では、コロナ禍で電子契約が標準化されつつある状況下にて、東京都内の企業に勤めており、且つ法務・財務・経理・人事部門に所属している人109名に対し、「電子契約」に関する実態調査を実施し、前回の結果との比較をしました。

 まず、65.6%の企業が「電子契約」を「導入済」という結果に。昨年調査した結果(63.3%)と比較すると、2.3ポイント増加していることがわかります。導入された背景としては、約7割が「テレワークに対応するため」と回答。テレワークの日常化に伴い、確実に電子化の流れが進行していると言えるでしょう。

 また、「電子契約」を導入していない企業も、約6割が「今後導入したい」と回答しており、そのうちの約9割が、昨年同様「業務効率化」を、加えて今年は約7割が「業務スピードの向上」を理由に挙げています。

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、テレワークが日常化したことで、ビジネスシーンにおける「電子化」は年々進行しています。今後「電子契約」がビジネスにおける当たり前になることで、働き方はより自由に、事業はより一層加速するでしょう。

会社概要

会社名 :ペーパーロジック株式会社
所在地 :東京都品川区東五反田一丁目6番3号 いちご東五反田ビル3階
設立  :2011年4月27日
代表者 :代表取締役 横山 公一
URL  :https://paperlogic.co.jp
事業内容:経理・総務・法務の領域で、法律で原本保管を義務付ける書類を完全に
     ペーパーレス化(紙原本廃棄)するクラウドソリューションを提供しています。

to TOP