リサピー

キャリア

在宅ワークでキャリアップに不安を抱える会社員の約8割が「転職」を検討 約3割が「在宅のうちにWebデザインスキルを身につけたい」 ~Webデザインスクールに求められるポイント、 「自分の好きな時間に受講できる」、「即戦力レベルのスキルが身につく」など~

 株式会社日本デザイン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 大坪拓摩)は、キャリアアップの意向があり週5日以上、在宅勤務を実施している東京の会社員106人を対象に、「コロナ禍のキャリアアップに対する意識調査」を実施いたしました。

本調査のサマリー

 

調査概要

調査概要:「コロナ禍のキャリアアップに対する意識調査」
調査期間:2021年8月27日〜同年8月30日
調査方法:インターネット調査
有効回答:キャリアアップの意向があり週5日以上、在宅勤務を実施している東京の会社員106人
 

46.2%の会社員が、「在宅ワークはキャリアアップの不安要素の一つ」であると回答

 「Q1.キャリアアップをしていく上で「在宅ワーク(テレワークなど)」は不安要素の1つに入ると思いますか。」(n=106)と質問したところ、「かなりそう思う」が12.2%、「ややそう思う」が34.0%という回答となりました。

Q1.キャリアアップをしていく上で「在宅ワーク(テレワークなど)」は不安要素の1つに入ると思いますか。

・かなりそう思う:12.2%
・ややそう思う:34.0%

・あまりそう思わない:39.6%
・全くそう思わない:14.2%
 

在宅ワークでキャリアップに不安を抱える会社員の約8割が「転職を検討」

 Q1で「かなりそう思う」「ややそう思う」と回答した方に、「Q2.今後のキャリアアップのために、転職を検討していますか。」(n=49)と質問したところ、「かなり検討している」が44.9%、「やや検討している」が36.7%という回答となりました。

Q2.今後のキャリアアップのために、転職を検討していますか。

・かなり検討している:44.9%
・やや検討している:36.7%

・全く検討していない:18.4%
 

在宅ワークの隙間時間で、スキルを取得したいと回答した会社員は、96.2%

 「Q3.在宅ワークの隙間時間を利用して、キャリアアップのためのスキル取得をしたいと思いますか。」(n=106)と質問したところ、「かなりそう思う」が42.4%、「ややそう思う」が53.8%という回答となりました。

Q3.在宅ワークの隙間時間を利用して、キャリアアップのためのスキル取得をしたいと思いますか。

・かなりそう思う:42.4%
・ややそう思う:53.8%

・あまりそう思わない:3.8%
・全くそう思わない:0.0%
 

取得したいスキル「資格取得」が52.9%、「語学」が49.0%

 Q3で「かなりそう思う」「ややそう思う」と回答した方に、「Q4.在宅ワークの期間を利用して取得したいスキルを教えてください。(複数回答)」(n=102)と質問したところ、「資格取得」が52.9%、「語学」が49.0%、「パソコン操作(エクセル・パワーポイントなど)」が35.3%という回答となりました。

Q4.在宅ワークの期間を利用して取得したいスキルを教えてください。(複数回答)

・資格取得:52.9%
・語学:49.0%
・パソコン操作(エクセル・パワーポイントなど):35.3%

・財務・経理関連:33.3%
・プログラミング:31.4%
・Webデザイン:28.4%
・動画編集:20.6%
・その他:5.9%
 

Webデザインを習得したい理由「リモートで働くことができるため」が72.4%で最多

 Q4で「Webデザイン」と回答した方に、「Q5.Webデザインを習得したい理由を教えてください。(複数回答)」(n=29)と質問したところ、「リモートで働くことができるため」が72.4%、「Webの需要を感じるため」が69.0%、「Webデザインの将来性が高いため」が37.9%という回答となりました。

Q5.Webデザインを習得したい理由を教えてください。(複数回答)

・リモートで働くことができるため:72.4%
・Webの需要を感じるため:69.0%
・Webデザインの将来性が高いため:37.9%

・手に職をつけるため:34.5%
・副業や独立も視野に入れているため:31.0%
・転職市場で有利に働くため:27.6%
・その他:13.8%
 

デザインスクールで重視するポイント「自分の好きな時間に受講できる」が62.1%で最多

 Q4で「Webデザイン」と回答した方に、「Q6.仮にデザインスクールに通う場合、重視するポイントを教えてください。(複数回答)」(n=29)と質問したところ、「自分の好きな時間に受講できる」が62.1%、「即戦力レベルのスキルが身につく」が58.6%、「短期間で習得できる」が55.2%という回答となりました。

Q6.仮にデザインスクールに通う場合、重視するポイントを教えてください。(複数回答)

・自分の好きな時間に受講できる:62.1%
・即戦力レベルのスキルが身につく:58.6%
・短期間で習得できる:55.2%

・講師の質が高い:48.3%
・オンラインで習得できる:37.9%
・クチコミや評判が高い:37.9%
・その他:6.9%
 

「自由に使える作業スペースがある」や「価格が見合っているかどうか」などの声も

 Q4で「Webデザイン」と回答した方に、「Q7.仮にデザインを学べるスクールに通う場合、重視するポイントがQ6以外にあれば自由に教えてください。(自由回答)」(n=29)と質問したところ、「自由に使える作業スペースがある」や「価格が見合っているかどうか」など16の回答を得ることができました。 

<自由回答・一部抜粋>
・30歳:価格が見合っていること
・37歳:自由に使える作業スペースなどがある
・25歳:費用面
 

まとめ

 今回は、キャリアアップの意向があり週5日以上、在宅勤務を実施している東京の会社員106人を対象に、「コロナ禍のキャリアアップに対する意識調査」を実施しました。

 まず、​約5割の会社員が、「在宅ワーク」はキャリアアップの不安要素の一つと感じており、​そのうちの約8割の会社員が「転職」を検討していことが判明しました。

 そんな中、96.2%の会社員が、「在宅ワークの隙間時間で、スキルを取得したい」と回答しています。取得したいスキルについては、「資格」(52.9%)や、「語学」(49.0%)など、いつの時代にも求められているスキルが多い一方で、「プログラミング」(31.4%)や、「Webデザイン」(28.4%)などの、場所を選ばずに活用できるスキルにも多くの票が集まりました。「Webデザイン」を習得したい理由については「リモートで働くことができるため」が72.4%で最多、次いで「Webの需要を感じるため」が69.0%、「Webデザインの将来性が高いため」が37.9%という結果になりました。

 デザインスクールで重視するポイントについては、「自分の好きな時間に受講できる」(62.1%)や、「即戦力レベルのスキルが身につく」(58.6%)、「短期間で習得できる」(55.2%)など、今すぐにでもWebデザインスキルを役立てたい需要が浮き彫りに。在宅で生まれた隙間時間に学習しながら、在宅でもお金を稼ぐことができるスキルに注目が集まっています。
 

会社概要

会社名:株式会社日本デザイン
代表者:代表取締役社長  大坪拓摩
所在地:東京都豊島区東池袋1-35-3 池袋センタービル2F
設立年月日:2013年2月18日
資本金:500万円
URL :https://japan-design.jp/

to TOP